愛知県岩倉市からのご案内や、イベント情報などを発信いたします。


by iwakura-news
第20回MOA美術館岩倉児童作品展
d0262758_1516256.jpg
市内の小学生から出品された作品の作品展を行います。
今回は第20回記念として「紅白梅屏風」のレプリカ展示、
児玉たまみさんによる読み聞かせ、
曽野・岩倉南小学校児童による
お抹茶のおもてなしなども企画しています。ぜひお越しください。
▼とき 10月6日(土)午前11時~
▼ところ 総合体育文化センター多目的ホール
※前日(10月5日(金)の午後5時30分から9時までの間、
 準備の協力をしてくださるボランティアを募集します。詳しくはお問い合わせください。
▼問合先 児童作品展岩倉実行委員会 安江(℡66‐4448)
[PR]
# by iwakura-news | 2012-10-01 09:00 | 広報いわくらより | Comments(0)
世界のお惣菜(クロアチア)

岩倉市国際交流協会では、食を通じた交流会
「世界のお惣菜」の参加者を次のとおり募集します。
▼とき 10月14日(日)午前10時~午後2時
▼ところ 生涯学習センター料理室
▼講師 アナスタージャ・ブンドッグ桑原(イタリアにかなり近いプーラの町出身)
▼料理 パスタ他2品(クロアチア料理)
▼定員 25人
▼持ち物 ふきん、エプロン、筆記用具
▼参加費 会員:無料 一般の方:800円(小学生以下半額)
▼申込期限 10月10日(水)
▼申込・問合先 岩倉市国際交流協会 
 出野(℡37‐2495)または小林(℡0586‐76‐0283)
[PR]
# by iwakura-news | 2012-10-01 09:00 | 広報いわくらより | Comments(0)
国際音楽の日
セントラル愛知交響楽団岩倉駅コンサート
10月1日は、「国際音楽の日」です。その一環として、セントラル愛知交響楽団による岩倉駅コンサートを開きます。
気軽に聴ける駅コンで、生の演奏をお楽しみください。

●とき 10月11日(木)午後6時からと7時から、d0262758_15513670.jpg

 それぞれ30分間演奏します。

●ところ 岩倉駅地下連絡道

●演奏 セントラル愛知交響楽団アンサンブル 
 アミュゼ(ヴァイオリン/古宮山(こみやま)栄里(えり)
 サクソフォーン/小森伸二(こもりしんじ)、 コントラバス/榊原(さかきばら)利(とし)修(のぶ)
 ピアノ/榊原(さかきばら)祐子(さちこ)、打楽器/松岡(まつおか)直樹(なおき))

●主な曲 蘇州夜曲、川の流れのように、d0262758_15515578.jpg
 また君に恋している、お祭りマンボ ほか

●問合先 生涯学習課生涯学習グループ(℡38‐5819)まで。
[PR]
# by iwakura-news | 2012-10-01 08:01 | 広報いわくらより | Comments(0)
自治基本条例シンポジウムを開催します

市民による自治を実現するために

 地方分権・少子高齢化の時代を迎え、さまざまな地域課題を解決していくために、岩倉らしい自治のあり方の確立が求められています。岩倉市では、自治に関する基本的な考え方や市民・議会・行政などの責務とその協働の仕組みを決めるなど、住民自治を進めるうえのルールを定めておく自治基本条例の制定に向けて、市民と職員で構成する「自治基本条例検討委員会」を設置し検討を進め、「岩倉市自治基本条例(案)」を作成しました。
 このたび、シンポジウムを開催し、市民の皆様に「岩倉市自治基本条例(案)」をお知らせするとともに、講演とパネルディスカッションを実施します。 皆様、お誘い合わせのうえ、ぜひご参加ください。(参加費無料)

●とき 10月20日(土)午後1時30分~
                  (開場:午後1時)
●ところ 生涯学習センター 研修室1・2

《第1部》

○「岩倉市自治基本条例(案)」の概要説明

○基調講演 「小規模自治体の今後の展望」
        東京大学名誉教授 大森(おおもり) 彌(わたる) 氏


《第2部》
○パネルディスカッション 

専門家と市民委員、市長が意見の交換を行います。
  テーマ      「自治基本条例がなぜ必要か」
コーディネーター  四日市大学総合政策学部教授 
岩崎 恭典 氏
  パネリスト     東京大学名誉教授 大森 彌 氏
            岩倉市自治基本条例検討委員会委員
            岩倉市長 片岡恵一
    
[PR]
# by iwakura-news | 2012-10-01 08:00 | 広報いわくらより | Comments(0)

環境フエア 2012

環境フエア 2012
守ろう自然 環境みんなのまちから
毎日の暮らしの中で、ごみ減量とリサイクル、省資源・省エネルギーなどの問題と向き合い、ライフスタイルを見直す小さな一歩の積み重ねが必要です。
アリーナ会場
・環境体験ひろば  木の実や枝などを使った工作や古くなったネクタイなどを利用したモノ作りを体験。 
・発表コーナー
・企業コーナー

第四会場
・ふれ愛フリーマーケット       d0262758_13293424.jpg

・ゲームコーナー
・リユースひろば~まだまだ使える また使える~ 粗大ごみとして収集した家具などを、清掃事務所のリサイクル工房で修理しました

●問合先 岩倉市環境フェア2012実行委員会事務局(環境保全課内☎38‐5808)まで。
。会場で入札を受け付け、最も高い額で落札された人へ終了後にお分けします。リサイクル自転車の抽選も行います
[PR]
# by iwakura-news | 2012-10-01 00:00 | 広報いわくらより | Comments(0)